プロミスの借り方はフリーキャッシングだけじゃない!

プロミスの借り方といえば、「フリーキャッシング」というカードローンが一般的となっています。プロミスだけでなくアコムやアイフル、モビットやレイクなどでもカードローンは主力のキャッシング商品であると言えるでしょう。

 

プロミスのフリーキャッシングは確かに使い道自由ですし、給料日前の金欠や急な出費で困った時に頼れるローンの1つです。ですが、場合によってはフリーキャッシングでは目的に合った借り方ができないこともあるでしょう。プロミスにはそれぞれの場面や利用する方のニーズに合ったローンがフリーキャッシング以外に4つ用意されています。

 

プロミスのフリーキャッシング以外のローン4つ

  1. レディースキャッシング(女性専用ローン)
  2. 貸金業法に基づくおまとめローン
  3. 自営者カードローン
  4. 目的ローン

 

 

 

レディースキャッシング(女性専用ローン)

 

たとえばプロミスでお金を借りたいという方が女性である場合、男性と同じように消費者金融からお金を借りることに抵抗を感じてしまうこともあるでしょう。電車に乗る時には女性専用車両がありますし、賃貸マンションにも女性専用物件がありますよね。他にも女性専用ジムといった施設もあるんです。

 

女性だけが利用できるということや、対応スタッフが女性であるということで、「女性専用」とは女性にとって安心感を与えてくれる言葉とも言えるでしょう。プロミスでも対応の窓口がすべて女性スタッフとなっているので安心なんです。

 

 

貸金業法に基づくおまとめローン

 

プロミスのおまとめローンは銀行で利用できるおまとめローンとは違い、貸金業法で定められている「総量規制」の例外として提供されています。年収の3分の1までが総量規制で定められている借入総額(消費者金融など貸金業者からの借入れの合計)の上限となっているのですが、おまとめローンの利用であればこの枠を超えることも可能です。

 

おまとめローンの利用には「利用により一方的に借主側が有利になること」という条件があるため、複数の他社借入れがあれば誰でも利用可能とはならないため注意が必要です。

 

 

自営者カードローン

 

プロミスには個人だけでなく自営者を対象としたカードローンも用意されています。フリーキャッシングは基本的には個人が個人の使い道で利用する借り方となりますが、自営者カードローンの場合には個人事業主の方が事業資金として利用するカードローンとなっています。ただし、両者とも生活資金や事業性資金としての利用が可能となっているため、プロミスは使い勝手の良いキャッシングサービスと言えるでしょう。

 

フリーキャッシングを利用している方が自営者カードローンに切り替えることも可能です。

 

 

目的ローン

 

プロミスには使い道自由なカードローンだけでなく、一定の目的を持った借り方となる目的ローンもあります。銀行で言えば多目的ローンやフリーローンということになり、同様に決まった使い道で利用できるローンとなるのです。カードローンとは違い、利用限度額の範囲内で何度も借り入れができる訳でなく、一度借り入れたら後は返済のみとなります。

 

借入れの目的以外には利用できないため、自由度が低いですがその分金利は低めになっています。

 

インターネットでは申し込みや契約ができない!

レディースキャッシングは基本的にフリーキャッシングと同じ性格を持ったカードローンであるため、インターネットからの申し込みや契約も可能です。レディースキャッシング以外では、インターネット申し込みが不可であるため通常のカードローン(フリーキャッシング)のようなWeb完結による借り方はできません。

 

おまとめローンや自営者カードローン、目的ローンの申込方法についてはインターネットでの申し込みや契約が不可となっています。それぞれのローンにより申し込み方法には違いがありますが、基本的に契約時には自動契約機あるいは店頭窓口(お客様サービスプラザ)への来店が必要と思っていた方が良いでしょう。

 

提出する書類もそれぞれのローンにより異なる場合もありますので、事前の確認が必要になります。プロミスのフリーキャッシングでは本人確認ができる身分証明書があればOKとなる場合が多いですが、ローンの種類によっては収入証明書の用意も併せて必要になることもあるのです。

 

利用する方の年齢制限や利用限度額・金利・借り入れのタイミング・返済期日についても違いがあります。特にプロミスへの返済に遅延が発生しないように、しっかりと契約内容確認をしておく必要もあるでしょう。

 

プロミスのローン申し込みで用意する必要書類とは

 

プロミスのローン申し込みで用意する必要書類はそれぞれの商品により異なる場合もありますが、基本的にはこのような書類が必要になります。

本人確認書類

運転免許証(運転免許証がない場合には「パスポート」または「健康保険証」+「1点(住民票など)」でも可能)※健康保険証のみでも審査可能、健康保険証+1点(住民票など)が必要になるのは来店契約のみ
収入証明書類

希望の金額が50万円を超える場合
希望の金額と他社借入れの合計が100万円を超える場合

上記に該当する場合には以下の書類から1点も必要です。
 
源泉徴収票(最新のもの)
確定申告書(最新のもの)
給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)※賞与がない場合には直近2ヶ月分の給与明細書でも可能

 

プロミスなら誰にもバレない借り方が可能!

プロミスのレディースキャッシングはインターネット申し込みが可能です。その後も自動契約機での契約やカード発行ができるため、誰にもバレずにお金を借りることができます。

 

おまとめローンや自営者カードローン、目的ローンの契約手続きは自動契約機あるいは店頭窓口(お客様サービスプラザ)で行う流れになっていますし書類やカードの郵送なしで利用できるため、女性専用カードローンと同じように誰にもバレずにお金を借りることが可能なんです。プロミスならどんなローンであっても、家族に内緒の借り方が可能ということになりますね。

 

ローンの種類によっては即日融資は難しい場合も!

プロミスならどんなローンであっても、即日融資も可能なのではないかというイメージがあると思います。確かにフリーキャッシングやレディースキャッシングだけでなく、時間内に自動契約機かお客様サービスプラザ(店頭窓口)への来店が可能ならば、自営者カードローンは即日融資も可能とプロミスサイトにも明記しています。

 

残るプロミスのおまとめローンや目的ローンについては、プロミスサイトで特に即日融資についての記載がないため当日融資は難しいと思っていた方が良いでしょうね。

プロミスにはフリーキャッシング以外にも4つの借り方がある!記事一覧

主婦や学生にも安心の借り方を実現!プロミスのレディースキャッシングかつて消費者金融はサラ金と呼ばれていた時代もあり、今でも怖い・危険などのイメージを持っている方もいるでしょう。実際には大手のキャッシングサービスならば間違いなく法律の範囲内で営業をしていますので、安心して利用することができるのです。とは言え、女性の方だと消費者金融からお金を借りる時にどうしても不安を感じてしまうかも知れませんね。プロ...

プロミスのおまとめローンなら利息を節約する借り方も可能に!プロミスでのお金の借り方には貸金業法に基づくおまとめローンも用意されています。正社員や公務員だけでなく主婦や学生の方であってもパートやアルバイトなどで安定した収入があれば、プロミスで借金の借り換えをすることは可能です。ただしおまとめローンの利用には条件があります。借金の借り換えをすることにより現在の状況よりも利用者が一方的に有利になることが...

用途はさまざま!プロミスの目的ローンの借り方とは?プロミスには人気のカードローンの他にも4つのサービスがあり、その中には決まった使い道に利用できる借り方が特徴の「目的ローン」もあるんです。使い道自由なカードローンとは違い、申し込みの際に申告した一定の用途で利用することを条件にお金を借りることができるローンとなっています。目的ローンは銀行で利用できるサービスという印象があると思います。特に消費者金融...