プロミスの自動契約機からの借り方は来店必須!利用のメリットは?

プロミスのお金の借り方には大きく分けて4種類の方法があります。

 

  • Webからの申し込み
  • プロミスコールからの申し込み
  • 郵送での申し込み
  • 来店して申し込み(自動契約機・お客様サービスプラザ)

 

上記の中で郵送による申し込み方法以外ならば、プロミスの自動契約機の利用が可能になっているんです。来店して申し込みをする場合には、自動契約機で申し込みができます。Webやプロミスコールで申し込みした場合でも、契約方法に自動契約機の利用を選択することができるのです。

 

自動契約機で申し込みや契約をする場合には、プロミスの店舗への来店が必須となります。プロミスではWeb申し込みをする場合にはWeb完結プロミス「Webからのお申込み」も可能になっているため、来店して契約することに対してデメリットを感じてしまうかも知れません。「プロミスの自動契約機を利用する借り方のメリットはない?」と思う方もいると思います。

 

わざわざ店舗へ来店することにより時間や手間・労力が必要となってしまうことでしょう。それでもプロミスの自動契約機の利用にはメリットが大きいんです。

 プロミスの自動契約機を利用する借り方のメリットは?

  • 即日融資でのお金の借り方が希望の場合にも便利
  • 書類やカードの郵送を避けられる

 

店舗への来店は即日融資でのお金の借り方が希望の場合にも便利

プロミスを利用したい時に、即日融資での借り方を希望する方も多いことでしょう。「お金を借りたい!」という場合には、今すぐお金を貸して欲しい場合が一般的と言えるでしょう。

 

プロミスで即日融資を受けるための条件はこのようになっています。

 

  • 平日の9時〜14時50分の間に振り込みの依頼をする
  • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を持っている(基本的に24時間瞬フリでも借入れ可能)
  • 申し込みの当日中に店舗へ来店する

 

プロミスから振り込みキャッシングで即日融資を受けたい場合には、遅くても平日の14時50分までに振込依頼をする必要があるんです。この時間を過ぎてしまうと、即日融資は難しくなり翌日以降に口座に入金されることになってしまうので注意が必要です。

 

ただし三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている方は、基本的には24時間いつでも振り込み可能になっています。受付けから最短10秒での瞬フリプロミス「瞬フリ(振込キャッシング)」も可能なので、どちらかの口座がある方には振込みキャッシングがおすすめとなるでしょう。

 

また、申し込みの当日中に店舗へ来店することでの即日融資も可能です。来店することは面倒・時間がないなどデメリットばかりではありません。以下のような大きなメリットもあるので、必要があればプロミスの店頭に足を運ばれることをおすすめします。

 

即日融資が希望ならば来店での借り方にはメリットあり!

プロミスで即日融資を希望する場合には、店舗へ来店することでメリットを感じられることも多いでしょう。当日中の振り込みキャッシングが利用できない場合でも、店舗へ来店することができれば、即日融資を受けられる可能性がまだ残されているからです。

 

具体的に店舗への来店でプロミスから即日融資を受ける借り方は3つあります。

 

  1. お客様サービスプラザ(店頭窓口)に来店してその場で融資を受ける・カード発行
  2. プロミスの自動契約機で即日カード発行してATMからキャッシング
  3. 三井住友銀行のローン契約機で即日カード発行してATMからキャッシング

 

来店によるプロミスからの借り方の内、いずれかの方法を利用すれば、当日振り込みできない時間帯であっても即日融資を受けることが可能になるんです。それぞれの来店での借り方の特徴はこのようになっています。

 

来店してプロミスから即日融資を受ける借り方の特徴を比較

利用する場所

受付可能時間

審査から借入れまでの時間

契約後にできること

お客様サービスプラザ

平日のみ10時〜18時

(店舗により異なる)

場合により異なる

相談やその場での借入れ

即日カード発行

プロミスの自動契約機

平日・土日・祝日9時〜22時

(一部で21時もある)

最短30分

即日カード発行

三井住友銀行のローン契約機

平日・土日・祝日9時〜21時

(一部で営業時間・休日が異なる)

最短30分

即日カード発行

 

プロミスでは三井住友銀行のローン契約機からの借り方も可能になっているんです。いずれの場所を利用しても、振込キャッシングの受付け時間(通常は平日の14時50分まで)よりも長くなっていることが分かりますよね。店舗へ来店するメリットとは、即日融資を希望する場合には振り込みによる借り方よりも時間に余裕が持てることにあるのです。

 

その中でも、お客様サービスプラザの場合には平日しか営業していないためプロミス「お客様サービスプラザ(店頭窓口)からのお申込み」、プロミスで本当に便利な即日融資での借り方を希望するのであれば、プロミスの自動契約機か三井住友銀行のローン契約機がおすすめとなります。

 

即日融資にはWeb申し込みと自動契約機の組み合わせがおすすめ

自動契約機は申し込みから手続きを始めることができるのですが、とにかく少しでも早く即日融資を受けたい場合には、プロミスへのWeb申し込みと自動契約機の組み合わせた借り方がおすすめとなるのです。

 

プロミスから即日融資を受けるならWeb申し込みと自動契約機の併用を!

STEP

プロミスの公式ページからパソコンやスマホで申し込み(契約方法に「来店」を選択する)

STEP

申し込み完了後に審査結果がメールや電話で届く(利用可能額を確認する)

STEP

審査通過後に自動契約機のある店舗に来店する(必要書類を持参・21時30分頃まで)

STEP

自動契約機で契約してカードを発行する(21時50分頃まで)

STEP

店舗に併設されているプロミスのATMからカードで借り入れ

※自動契約機は一部で利用可能時間が異なる場合もあります。

 

Web申し込みをする際には、契約方法に「来店」を選択する必要があるので要注意です。
少しでも早くプロミスでお金を借りるならば、審査に通るか確信が持てなくても申し込みが終了した時点でプロミスの自動契約機へ向かうことをおすすめします。プロミスの審査時間は最短30分となっているため、店舗へ足を運んでいる途中に審査が終了する場合もあるからです。

 

店舗に到着するのと審査に通った旨のメールや電話が届くタイミングが同じならば、最速でプロミスカードを発行することも可能になるでしょう。カードが発行されれば、店舗に併設されているATMや提携ATMから即日融資も可能になります。コンビニのATMでもほとんどの店舗でコンビニキャッシングに対応しているので便利ですよ。

 

 

プロミスは自動契約機の利用で書類やカードの郵送を避けられる

とにかく今すぐお金を借りたいけど、契約書類やカードローンの専用カードが自宅に郵送されて来るのは困るという方も多いことでしょうね。今はそれぞれのライフスタイルが異なっているため、借金に対する考え方も人により様々と言えます。プロミスからお金を借りる場合にも、家族にバレない借り方を希望することもあるでしょう。

 

特に親バレが心配という場合には、「プロミスから郵便物が届いたら親に勝手に開封され借金がバレてしまうかも知れない」と不安でいっぱいになってしまうかも知れませんね。プロミスでは郵送物なしで申し込みから借り入れまで完了する「Web完結」の借り方も可能になっていますが、自動契約機から申し込みすれば自宅への郵送物を回避することが可能になるのです。

 

プロミスの自動契約機の利用では、土日や祝日を含めて22時まで(一部では21時の場合もあり)利用可能になっています。自動契約機で契約手続きを済ませてしまえば、その場で契約書類やカードが発行されますので、自宅に郵送物が届く心配は不要となります。

 

プロミス自動契約機からの借り方とは?申し込みの流れについて

プロミスの自動契約機からの借り方を選択した場合には、誰にも会わずに契約手続きやカード発行がスムーズにできるため便利です。プロミスにインターネット申込みやプロミスコールで電話による申し込みをした場合には、自動契約機は契約手続きから利用することになります。

 

申し込みから契約まで自動契約機を利用する場合の手続きの流れは以下のようになるのです。プロミス「自動契約機からのお申込み」

 

プロミスの自動契約機を利用する借り方の流れ

step 申し込み11

必要書類を持参の上で自動契約機に来店してタッチパネルで申し込みの操作

step 審査

申し込みの内容を元に審査と審査結果の回答(審査を待つ間にカードの利用方法のビデオを見る)

step契約・カード

契約後その場でカードが発行される

step借り入れ1111

全国のプロミスATM、三井住友銀行ATM、提携ATMから借入れ可能
(プロミスインターネット会員サービスからの振込キャッシングも可能)

 

プロミスの自動契約機は、申し込みから契約・カード発行までが全て1台で行える便利なシステムとなっています。タッチパネルで申し込み操作が終了した後は、審査の結果が回答されるのを待つだけとなるのです。途中、カードの利用方法がビデオで流れますので、早ければ映像を見ている内に審査が終了することもあるでしょう。

 

審査結果の回答では審査通過の可否だけでなく利用可能額についても決定され通知されます。審査に通ることができれば、その場で契約手続きとなります。契約完了となればプロミスカードが発行されますので、その後は自動契約機に併設されているATMや三井住友銀行ATM、提携ATMから即日借り入れも可能になるのです。

 

カードの利用だけでなくプロミスインターネット会員サービスのページにログインすれば、振込キャッシングも可能になりますよ。

 

自動契約機に持参する必要書類とは?二度手間を防ぐために確認を!

いくらインターネット申し込みで素早く手続きが完了し審査に通過することができたとしても、自動契約機へ行く際に持参する必要書類に不足があったら困りますよね。必要な書類を取りにもう一度自宅に戻らなくてはならないため、二度手間となってしまうからです。

 

以下の表で契約に必要な書類を事前に確認し、自動契約機への来店に臨むことをおすすめします。

 

自動契約機へ持参する必要書類とは

本人確認書類

運転免許証(運転免許証がない場合には「パスポート」または「健康保険証」+「1点(住民票など)」でも可能)
収入証明書類

希望の金額が50万円を超える場合
希望の金額と他社借入れの合計が100万円を超える場合

上記に該当する場合には以下の書類から1点も必要です。
源泉徴収票(最新のもの)
確定申告書(最新のもの)
給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)※賞与がない場合には直近2ヶ月分の給与明細書でも可能

 

プロミスの自動契約機に持参するべき必要書類は、基本的に本人確認書類となる、運転免許証となります。免許証の交付を受けていない方はパスポートまたは健康保険証の他に、住民票などの書類が必要になるので要注意です。Web契約ならば運転免許証がない場合には健康保険証のみでもOKとなります。書類を用意する時間がない場合にはWeb契約の方が早い場合もあるでしょうね。

 

借入れの希望額が50万円を超える場合や、他社借入れのある方が希望額との合計で100万円を超える場合には、総量規制(参考:価格.com「カードローンの総量規制とは」により収入証明書類の用意も必要です。

 

プロミスの自動契約機で何ができるの?

プロミスの自動契約機は、申し込みから審査結果の回答・契約手続き・カードの発行と全ての流れにおいて利用可能となっていますが、実はそれ以外にも利用できることがあるのです。

 

  • 契約内容の変更:利用限度額・金利・返済日
  • カードに関すること:カードの再発行・暗証番号変更

 

上記の手続きの中には、プロミスのインターネット会員サービスにログインすれば利用可能な場合もあります。とは言え、カードを破損してしまった場合などには自動契約機から素早くカードの再発行ができるので便利ですね。