プロミスのおまとめローンなら利息を節約する借り方が可能に!

プロミスでのお金の借り方には貸金業法に基づくおまとめローンも用意されています。既に消費者金融などのキャッシングサービスから年収の3分の1に相当する借金がある場合でも、300万円を上限としてプロミスで借金の借り換えをすることが可能です。

 

プロミスのおまとめローンは、正社員や公務員だけでなくパートやアルバイトなどで安定した収入のある主婦や学生の方でも借金を一本化することが可能になっているため、便利な商品と言えるでしょう。

 

ただしおまとめローンの利用には条件があります。借金の借り換えをすることにより現在の状況よりも利用者が一方的に有利になることが必要になるのです。金利を今よりも下げることができれば、支払う利息の節約できます。最終的に返済総額を減らせることや、毎月の返済の負担を軽減することができるのであれば、おまとめローンの利用はおすすめとなるのです。

 

プロミスの「貸金業法に基づくおまとめローン」とは

プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンは、他の消費者金融からの借入残高を一つにまとめることを目的とした借り方のできるローンとなっています。 既に総量規制の上限である年収の3分の1まで借入れしている状況であっても、「総量規制の例外」として借金のおまとめを目的とする場合には、更に借り入れが可能となります。

 

おまとめローンであれば、年収の3分の1を超える金額の借り入れも可能となるため、プロミスでは貸金業法で定められている総量規制の例外として、「貸金業法に基づくおまとめローン」という商品名としているのでしょう。

 

銀行の融資は総量規制の対象外

おまとめローンというと、東京スター銀行東京スター銀行「おまとめローン」がCMで有名だと思いますが、プロミスのおまとめローンはそれとは違う種類の商品となっています。銀行と消費者金融では基本となる法律が異なっていて、銀行は「総量規制の対象外」となっているからです。

 

銀行と消費者金融で関連している法律

 

このように両者では営業を行う際に基準となる法律が違っているため、利用者がお金を借りる時の対応も違ってきます。貸金業法には総量規制という決まりがあるため、消費者金融からお金を借りる場合には年収の3分の1に相当する金額が借り入れの上限となるのです。

 

銀行法により融資を行っている銀行は、貸金業法で定められている総量規制の影響を受けないため、年収による借入総額の上限はなく総量規制の対象外となります。法律上、銀行ならば借り入れの総額が年収の3分の1を超えても更にお金の借りることが可能になっています。

 

総量規制の対象外となるローン

  • クレジットカードのショッピング
  • 住宅ローン
  • 銀行カードローン
  • 自動車ローン

 

上記のようにクレジットカードを使って商品を購入、不動産購入のために銀行などから借り入れ、銀行のカードローン、自動車購入の際に自動車を担保にして借り入れする場合などは、総量規制の対象外となるのです。貸金業法に沿って融資を行う消費者金融などの金融機関にように、年収による借入総額の制限はないことになります。

 

ただし、近年では大手の銀行を初めとして各銀行で総量規制を自主的に導入するようになってきているので、銀行でも実質的には総量規制の対象外ではなくなっているようです。

 

 

銀行法とは


現在、銀行法では、銀行とは、内閣総理大臣の免許を受けて銀行業を営む者とされており、「預金又は定期積金の受入れと資金の貸付け又は手形の割引とを併せ行うこと」「為替取引を行うこと」のいずれかの業務を行うところと定義されています。(引用:iFinance金融情報サイト・銀行法

 

プロミスでおまとめローンを利用するメリットとは

プロミスには総量規制に抵触しない借り換えのためのローンが用意されています。プロミスでおまとめローンを利用するメリットにはこのようなことがあるのです。

 

 プロミスでおまとめローンを利用するメリット

  • 現在借りているローンより低金利での借り換えで毎月の金利や返済額の負担を軽減することが可能
  • 返済日を毎月1回にできる・返済日の管理が楽になる
  • 借入残高を段階的に減らせる

 

 

現在借りているローンより低金利になり毎月の返済の負担も軽減

 

金利の決定は審査で行われていますが、一般的に金利は利用限度額や借入額によって違ってきます。借りる金額が多い方が金利はより低めに設定されることになるのです。複数の消費者金融からお金を借りている場合には、借金を一つにまとめてしまえば現在より低金利での借り換えが可能になります。

 

たとえば、複数の消費者金融で合計150万円の借入れがある場合、プロミスのおまとめローンで借り換えをする時の返済例は以下のようになるのです。ただし、対象となるのは消費者金融やクレジットカードなどの無担保ローンとなります。

 

 

プロミスのおまとめローン返済例(合計150万円を他社から借りている場合)

A社

借入残高

300,000円

金利(年利)

18.0%

借入期間

3年

毎月返済額

10,845円

返済額合計

390,431円

B社

借入残高

500,000円

金利(年利)

18.0%

借入期間

3年

毎月返済額

18,076円

返済額合計

650,721円

C社

借入残高

700,000円

金利(年利)

18.0%

借入期間

3年

毎月返済額

25,306円

返済額合計

911,025円

  毎月の返済額 54,227円  返済額合計 1,952,177円

プロミスのおまとめローン

金利

借入期間

毎月返済額

返済総額

節約できる利息

15.0%

3年

51,997円

1,871,916円

80,261円

 

利息制限法では、100万円以上の借り入れの場合には15.0%以下が上限の金利と決められています。上記の例ではA社・B社・C社とそれぞれ別のサービスを利用するお金の借り方となっていますので、借入残高は100万円以下となっています。金利も18.0%となっているのが普通と言えるでしょう。

 

借金の合計金額が100万円以上であれば、今までより低金利のローンに乗り換えた方がお得なお金の借り方となるのです。プロミスのおまとめローンに乗り換えた場合、3年間の返済期間で約8万円の利息を節約することが可能になるのです。毎月の返済額も2千円以上も減らせる計算になります。

 

 

返済日を毎月1回にできる・返済日の管理が楽

 

複数の消費者金融やクレジットカードでお金を借りている状況であると、返済日もそれだけ多くやってくることになりますよね。借金の数だけ返済日もあることになるのです。すべてが同じ返済期日とは限らないため、時にはついうっかり返済を忘れてしまうこともあるでしょう。返済日が毎月1日だけなら返済日の管理も楽になりますよね。

 

返済日が何日もあると借金の返済に追われている感覚になり、返済意欲が湧かないという方もいるようです。このような方におすすめなのが借金を1つのローンにおまとめできる借り方のできる金融商品なんです。プロミスのおまとめローンは、5日、15日、25日、末日の中から、都合にあわせて選ぶことができます。(※三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の金融機関からの口座振替による返済の場合には5日)

 

 

借入残高を段階的に減らせる

 

今まで毎月の返済金額が多くて毎月の生活費が足りなかったという方もいることでしょう。生活に余裕がなく返済計画を立てることも難しいということもあったと思います。おまとめローンで低金利のローンに借り換えすることができれば、段階的に借入残高を減らしていくことも可能でしょう。

 

毎月の返済額が多くてキツイという場合には、返済についてプロミスに相談することも可能です。プロミスのおまとめローンは最長で10年間が返済期間となっていますので、毎月確実に返済するために無理のない返済金額にしてもらえる可能性もあるでしょう。ただし最少返済額は借入れの金額により予め決まっていますので、その範囲内でということになります。

 

プロミスのおまとめローン利用には3つの注意点あり!

利息を節約して毎月の返済の負担を軽減できるおまとめローンですが、利用する際に注意していただきたいことが3つあるのです。

 

プロミスのおまとめローンを利用する際の注意点3つ

  • 平成22年6月17日以前に契約した借金がある場合、過払い金返還請求ができる可能性がある
  • おまとめローンで借りられるのは借り換えの対象となるローン残高の範囲内となる
  • おまとめローンで借りたお金の返済期間が長いと予想外に多くの利息を支払う可能性もある

 

プロミスでおまとめローンに申込みする前に過払い金の有無を確認

平成22年6月18日に改正貸金業法が完全施行され、出資法の上限金利が20%に引き下げられました。利用者は利息制限法により15%〜20%の間でお金を借りることになっています。利息制限法の上限金利を超えて出資法の上限金利との間で融資をすると貸金業法の法令違反で行政処分の対象となり、更に出資法の上限金利20%を超えると出資法違反で刑事罰が科せられることになるのです。日本貸金業協会「上限金利の引き下げ」

 

法律で出資法の上限金利が引き下げられましたが、法律が改正される前に利息制限法の上限金利と、引き下げとなる前の出資法の上限金利29.2%の間で融資をしていた消費者金融も多かったようです。いわゆるグレーゾーン金利(参考:法テラス「グレーゾーン」と言われている金利により、支払う必要のなかった利息は「過払い金返還請求」により取り戻すことが可能になっています。

 

弁護士などに相談して過払い金が発生しているようであれば、プロミスでおまとめローンを考えるよりも、まず初めに過払い金返還請求の手続きを依頼することをおすすめします。払い過ぎた利息が戻ってくる可能性があれば、おまとめローンを利用する必要もなくなるでしょう。

 

おまとめローンの利用は借り換えする借金残高の範囲内まで

プロミスのおまとめローンのお金の借り方として、借入限度額には注意が必要となります。借入れ可能となる金額は借り換えを考えている対象のローン残高の範囲内となるからです。おまとめローンとしてプロミスを利用する場合には借金の返済のみに限定され、追加の借入れはできません。

 

ただし、プロミスのおまとめローンの利用限度額は300万円が上限となっているので、この金額を超える借り換えは不可となります。

 

おまとめローンで借りたお金の返済期間に注意!

プロミスのおまとめローンの返済期間は最長で10年間となっています。現在の返済額では厳しいという方は、毎月の返済金額を減らすことも可能でしょう。ただし毎月の返済の負担を軽減することができる代わりに、長期間に渡る返済により多くの利息をを支払うことになる可能性もあります。事前にしっかりとプロミスの返済シミュレーションで返済計画を立てながら利用する借り方がおすすめとなるのです。

 

プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンの申し込み方法

 

プロミスのおまとめローンの申し込み流れ

step申し込み

自動契約機か店頭窓口(お客様サービスプラザ)で申し込み ※インターネットでの申し込みは不可

step審査・契約

その場で審査結果を回答・契約手続き ※審査結果により希望に沿えない場合もあります

step借り入れ

プロミスから直接借入先へ振り込み(本人の名義による) ※振込み手数料は無料

 

プロミスでおまとめローンの利用申し込みをする場合、インターネットを利用する申し込み方法は不可となっているので要注意です。自動契約機か店頭窓口(客様サービスプラザ)でのみ申し込み可能なので、お近くの店舗に来店する借り方しか用意されていないことになります。プロミス「おまとめローン・お申込みの流れ」

 

審査結果は基本的に申し込みをした後にその場で聞くことができます。ただし審査は慎重に行われるため、場合によっては回答までに時間がかかってしまったり、希望に沿えないということもあるでしょう。

 

審査に通ることができればプロミスの方から借入先へ振り込みをしてもらえます。もちろん本人の名義で支払いがされるので安心してくださいね。振込み手数料無料となっているので、余計な費用がかかる心配もありません。